2006年11月17日

おすすめのETCカード

当サイトで最もおすすめしたいのは、ETCカード年会費・発行費が無料のカードライフカードです。

ライフカードをお薦めする理由はズバリ「ポイント還元率の高さ!」

ライフカードは、入会後1年間はポイント1.5倍、誕生月はポイントが5倍になります。

2014年12月31日までに入会と条件クリアで最大7000円相当のLIFEサンクスポイントプレゼントキャンペーン中です!

>>ライフカードの申込みはコチラ


もし、あなたがとにかく急いでETCカードが必要!
と、いう場合にはずばり、「申込んだその日にETCカードを作れる唯一のカード」であるセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード最短即日発行に対応しており申込んだその日にETCカードを作れる唯一のカードです。

と、いうのもセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードwebから申込む「郵送」「ご指定のセゾンカウンター」の2種類が選べます。

このとき「ご指定のセゾンカウンター」を選択すると申込んだ当日に、全国45箇所のセゾンカウンターに受け取りにいくことで即日の受け取りができるのです!!

(※お近くのセゾンカウンターを知りたい方はこちらで確認ができます。)

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、初年度年会費無料、さらに翌年からも年に一度でもカードを利用すれば年会費は無料実質年会費無料カードです。

もちろんETCカードは発行費・年会費は無料!

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのカード発行条件は「18才以上で電話連絡が可能であればどなたでも申し込み可能」となっており、学生・専業主婦・アルバイトの方も、この条件をクリアできる方は今すぐ申込んで問題ありません!!

しかも、2014年11月30日までの入会でAMAZONギフト券2000円分プレゼントキャンペーン中なので大変お得です!

>>セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの申込みはコチラ


2007年07月15日

ETCの価格を安く抑える

ETCの価格を安く抑えるには、ずばり!楽天カードのキャンペーンを使います。

現在楽天カードでは、最大5000ポイントがもらえるキャンペーンを行っています。

この楽天ポイントは楽天市場で、そのまま5000円分として使用できます。

つまり!実質、5000円割引きでETCが購入出来るわけです。

ETCの相場はだいたい5000~7000円程になりますから、実質、0円~2000円程でETCを購入出来ることになります。

期間限定のキャンペーンなのでお見逃しなく!

2008年07月25日

ETC利用明細

ETC利用明細が必要な人は、利用証明書の発行を申し出ればしてもらえます。係員の取り扱いがあった走行は対象になりませんから注意しましょう。

過去にさかのぼって62日間の走行なら利用明細が発行してもらえます。それ以前のものは発行されませんから注意しましょう。利用証明書発行サービスを利用して作られる利用証明書は、ETCカード番号が表示されない、係員が渡す利用証明書とは違っています。

利用証明書に書かれている通行料金は場合によっては請求されている金額と違っていることもあります。証明書の発行となると大ごとですが、自分でも、手軽に利用紹介は可能です。

ETC利用初回サービスではETC無線走行をした利用証明書の発行を利用明細書として自分で印刷することが出来ます。

ネット上でPDFファイルとして出してそしてダウンロードして印刷をすれば手軽にプリンターで利用明細をみることも出来ます。

このサービスを利用するためにはインターネット上でETC利用証明書発行をクリックして、利用年月日、車両番号、ETCカード番号を入力して検索をしてください。そうすれば一覧になって見れますから、利用証明書を発行したいものについて明細というところにチェックを入れて発行をクリックすれば完了です。

2009年07月17日

ETCの価格はどのくらい?

ETCって一体価格はいくらくらいなのでしょうか??
自分で取り付ける方は、取り付け工事代が安くなります。
しかし、男性の場合はこういったものが得意な方も多いと思いますが、女性の場合は分からないで、工事を依頼する方も多いですよね。

工事費は5000円~7000円なので、自分で付けた方が安上がりです。
本体は、安いもので9000円です。
高いものは25000円くらいです。

その間にもさまざまな価格のETC車載器があります。
どれがいいのかは、人それぞれで異なるのでハッキリとしたことはいえません。

安いものと高いものは自分で決めるといいと思います。
もし、工事費がかかると考えたら、安くて20000円ということになります。
中には、そういったもの全てをひっくるめて、5000円程でやってくれるところもあります。

これから高速道路を利用することを考えると、20000円分なんてすぐに取り戻すことができるので、あまり気に病む必要はありません。
なんせ、最近は高速道路に1000円で乗り放題の時代です。

このサービスを使用するためには、ETCを設置している車が必要です。
つまり、セットアップや取り付けをすることが絶対条件というわけです。
しかし、なかなか価格が高いため、すぐに設置することは難しいですよね……。

最近は助成金の制度もあるので、利用してみてはどうでしょうか??無料キャンペーン等も行っていることがあるのでそれらも活かすといいでしょう。

関連リンク;お得なカード比較!無料のクレジットカードを探す

価格によるETCの違い

ETCにはさまざまな価格がありますね。
安いものは9000円で買うことができます。
高いものは25000円もするものがあります。

安いものと高いものでは、もちろん機能などに差があります。
しかし、使わない機能ばかりなのに高いものを買ってしまっても宝の持ち腐れです。

機能をしっかりと見極めて自分に合ったものを探してみて下さい。
おおざっぱにいえば、機能が少なければそれだけ安くなると考えて下さい。

例えば基本の機能の他に以下のような二つの機能があるとします。

・音声案内
・カーナビとの接続機能

この場合、音声案内は誰にでも便利なものですが、カーナビとの接続機能はそうはいきません。
カーナビがついていない自動車なのにこのような機能があっても意味がありません。
カーナビの購入を考えている場合は問題ありませんが何の予定もないのに、このような機能がついていても絶対に使いません。

使いたい機能をしっかりと把握しておきましょう。
中には、かなり高性能なETCを工事費など全てまとめて、激安でしてくれる会社もありあります。
その場合は、人数限定や期間限定などの場合が多いので、気をつけてください。

このようなサービスはみんなが食いつくので、利用するのはかなり難しいです。
しかし、使うことができればかなり安上がりになります!!

クレジットカードなどを使ってうまく割引を利用しましょう!

ETCの価格を知ろう

一言にETC車載器といっても、さまざまなな種類のものがあります。
ETC車載器の価格を比較するときは、この種類や機能に注意して決めてください。

種類はアンテナ一体型(スタンダードタイプとスリムタイプ)とアンテナ分離型があります。
これらによっても価格が変わってきます。

アンテナ一体型(スタンダードタイプとスリムタイプ)とアンテナ分離型では取り付け工事費に2000円程の差が出ます。
具体的に書くと、アンテナ一体型(スタンダードタイプとスリムタイプ)の方は5000円です。
それに比べて、アンテナ分離型の方は7000円となっています。

つまり、アンテナ分離型の方が2000円高いということになります。
普通に考えても、分離している方が取り付けが大変だというのは納得出来ますよね。

詳しいことは専門店などの店員さんにきいてみるのがいいと思います。
インターネットでもETC車載器の価格比較サイトがたくさんあるので、その中から自分に合ったものを探してみるのもいいと思います。

一生使えるものなので、いいかげんなことはしたくないですよね?
焦って取り付けて失敗してしまっては意味がありません。
しっかり情報収集をしてから選んでみてくださいね!!

ETC車載器無料キャンペーンの情報はこちらから。

2011年06月29日

イエローハット

【話題のETC!低価格のイエローハットへ】

最近ではますます利用者が増えているETC。

料金所で混雑回避だけでなく、ETCのみに適用される割引サービスも人気となっています。

お年寄りから若い方でも手順さえ覚えてしまえば簡単に利用出来るので今後欠かせない存在になること間違いなしです!

でも実際まだ使用していない方の多くは『どこで取り付けるのが一番なのか』、『手続きが面倒なのでは』等で迷っているのでは?

イエローハットならどなたでも簡単に、低価格でETCを取り付けることが可能です!

まず車載機の購入ですがさまざまなメーカーを低価格で取り揃えているので、車に合わせてお好きなものを選べます。

また車載機に必要なセットアップもスタッフが行ってくれるので初めての方でも安心です。

ETCに不可欠なETCカードもイエローハット全店で申し込みが出来るので手続きも簡単!

さらにイエローハットクレジット&ポイントカードを申し込めば、ETCカードが年会費無料で同時発行が出来るお得な使い方もあります!

今後、「ETCで駐車場等の料金を支払うことができる」など有料道路料金の自動支払い以外の新たなサービスを予定しているETC。

駐車場でいちいち小銭を用意する必要もなくなるかもしれませんね。

まだお持ちでない方、迷っていたら是非一度イエローハットへ!

オートバックス

【ETCならオートバックスのお得な価格で!】

今やほとんどの車に利用されているETC!

お年寄りから若い方まで利用者はどんどん増えていて、知らない方はほとんどいないですよね。

料金所での手間や渋滞もETCが付いていればスムーズになりとても便利です。

でも実際どうやって付けるのか、カードなどの手続き等で迷っている方、結構多いはずです。

『オートバックス』なら面倒な手間を取らずにお得な価格で取り付けが可能です!

各店舗さまざまなメーカーのETC車載機が豊富に揃っていてお値段も格安で手に入ります。

セットアップ料金はなんと2625円!

取り付けに関しても車載機に合わせてスタッフが丁寧に対応してくれるので初めての方でも安心です。

またETCカードについては『オートバックスグループザカード』が便利です。

オートバックス全店舗で簡単に手続き出来るこちらのカードはETCカード年会費が無料!

またETC利用分もカード会社のポイントがたまるのもお得な特典ですね。

さらに、マイレージ登録をすればマイレージポイントがどんどんたまります!

こちらのポイントはたまった分が利用料金に還元される嬉しいシステムなので使えば使うほどお得です。

他にはないさまざまなサービスを提供するオートバックス!

まだ迷っている方、ETCなら是非オートバックスを利用してみて下さい!

バイクETC価格

【バイクにもETC!気になる価格は?】

現在どんどん使用率が高まっているETC。

有料道路の料金所での混雑を避けれたり、ETC専用の割引サービスも増えてきてる事で利用者から欠かせない存在です。

そんなETC、車だけではなくバイクにも付ける事が可能です!

そこで気になるのが『価格』です。

バイクの場合取り付けが車より難しいという事もあり、機能の安全上個人での取り付けは出来ません。

また車載機においても販売からセットアップまですべて二輪車ETCセットアップ取扱店でしか対応してくれません。

つまり個人で出来る限りの工程の省略が出来ないのでその点で価格を下げるにはなるべく安いお店を探す位しかないのです。

ではどこで価格を落とすか。

それはETCカードです!

ETCを使うなら必ず必要となってくるETCカード、こちらは発行手数料、年会費無料サービスを行っている事が多いのです。

また、そういったサービスの他に『ポイント還元システム』やガソリンなどの『割引システム』もあります。

価格は下がらずとも取り付け後に金額が抑えられるというのは一つのポイントです。

うまく利用出来れば今後の予算を抑えることが出来ます。

まだまだ車より普及率は少ないバイクのETC、今後ETC自体のサービスが増える傾向なので早めに付ければその分お得になりますよ!

2011年09月22日

楽天市場の価格

楽天市場のETC車載器の価格はだいたい5000~7000円位になっています。

一番人気のところなどはセットアップ料金込み、送料込、税込みで5,980円とかなりの安さになっています。

低価格で購入したい方はこちらの車載器取り扱い店舗で楽天カードのキャンペーンも利用すればかなりの低価格でETC車載器を購入することが出来ますのでお得です。

2011年10月28日

デンソーのETC車載器

自動車部品で有名なデンソーのETC車載器をみてみました。
デンソーは、自動車技術では世界的に有名で世界の色々な自動車製造会社に自動車部品を提供しています。

最近では、自動車分野はもちろん、生活関連機器や産業機器の開発、
例えば、産業用ロボットコントローラーの開発も行っています。

デンソーのetc車載器は業界最小クラスです。
フロントガラスに貼り付けるタイプの「広視野角LED内蔵小型アンテナ」を
ETC車載器の全モデルに標準装備しています。

ルームミラーの近くに設置できるので視界をさえぎらず設置できます。
また、ETCカードの状態もすぐに確認できます。

フロントガラスにアンテナを貼り付けられない車種でも「
ダッシュボード置きアンテナブラケットにより取り付けが可能になります。

また業界初の光るETC車載器は、イルミネーションLEDでETC利用可能時には点滅から点灯に変わってお知らせしてくれます。

音声のETC有効期限通知機能で、忘れがちなETC有効期限を知らせてくれます。
セットアップ情報通知機能つき、ETCカード挿し忘れ警告機能、
アンテナはずれ警告機能、ETC抜き忘れ機能もついて安心です。

ETCを取り付けると、料金所をスムーズに通れるし、
マイレージが貯まったり、便利なのはいいのですが、個人情報がどうなってるのか
心配な人も多いでしょう。

また、ETCカードの挿入を忘れたりアンテナが外れて料金所で立ち往生なんてことになると困ります。

デンソーのETC車載器は、そんな不案の解決を考えた車載器です。

高速道路のETC料金


行楽シーズン到来!祝日を利用して出かけるかたも、土日でガッツリ遊ぶかたも、平日にのんびりと満喫するかたも、安全・安心・ゆかいなレジャーを楽しみたいですよね。

ご家族でも、友人と一緒でも、恋人同士でも、お出かけの際は、クルマで出かけることが多いのではないでしょうか。そんなとき、高速道路を使うシーンも出てきますよね?

皆さんは、高速道路での支払いはどのようにされていますか?混雑を避けるために、ETCをお使いの方も多いかと思いますが、ETCはそれだけではないんです!

高速道路での支払いをETCにするだけで、通常よりも安いETC料金が適用されるんです。

ETC料金は、高速道路の区間によっても若干異なりますが、たとえば休日割引や平日昼間割引、深夜割引、通勤割引など、様々なETC料金の設定が用意されています。

ETCを設置するだけで、スムーズな支払いができるうえ、ETC料金が適用されておトクなドライブが楽しめるなんて、高速道路での旅行がますます楽しくなりますね!

ぜひ、高速道路を使った行楽にお出かけの際は、利用される時間や曜日、利用区間などなどを気にして、ETC料金が適用される、高速道路を賢く使ってみてはいかがでしょうか。

2014年08月14日

【ETCの価格「トヨタ・アクア」の場合】


「etcシステム」に欠かせない車載器ですが、選ぶときは、使い勝手のよさはもちろん、車内のトータルバランスを考えることも大切です。
また、車載器には「セットアップ料金」も掛かりますので、「etcシステム」の導入費用を抑えるためにも、少しでもいい条件で車載器を購入することをお勧めします。

ただし、「安かろう、悪かろう」では本末転倒になるほか、自分で取り付けようとして車を傷つけたり壊したりすると、修理代のほうが高くつくかもしれません。
「etcシステム」を導入するための初期費用は掛かりますが、後はメリットのほうが大きくなりますので、そのための「投資」だと割り切って車載器を選ぶことも大切です。

ETCの価格(トヨタ・アクア)の場合、高い順にみると、「ブラックボイスタイプ(ナビ連動タイプ)」・「シルバーボイスタイプ(同)」、「シルバーボイスタイプ」があります。
また、シンプルな「ベーシックタイプ」は、ETCの価格(トヨタ・アクア)のなかでもお手頃に設定されています。

その一方で、「ITSスポットサービス対応(DSRC)」車載器は、価格が高めという特徴がみられます。

なお、トヨタの純正用品は「3年間6万km保証」が付いていますので、そちらも参考にお勧めします。(期間内に6万kmに達した場合はその時点まで)

パナソニックのETCと価格

車載器には「純正品」のほかにも「社外品」があり、取り付ける車に合ったものを探すための選択肢も増えます。

車載器を選ぶときは、まず、アンテナとの「一体型」と「分離型」のどちらかを決めることをお勧めします。
やはり、どちらを選ぶかによって、車内での取り付け位置も関係しますので、車載器のタイプは早い段階で決めることが大切だと思われます。

また、車載器の価格も気になるところですが、メーカーによって異なるほか、同じ製品でも取扱店によっても開きがあります。
そのため、お気に入りの車載器がある場合はもちろん、これから車載器を決めたい場合は価格で比較できるサイトなどを参考にするといいですね。

パナソニックは家電やオーディオで人気のメーカーですが、あるサイトでは4種類の車載器が紹介されており、そのうち、3種類までが「アンテナ分離型」です。
そのひとつ「CY-ET909KDZ」は、料金案内・料金履歴・音声案内・カード抜き忘れ警告付で、価格は5,000円台から8,000円台までの設定があります。

パナソニックのETCと価格に関して、送料無料、ETCセットアップとの同時購入割引、延長保証対応など、いろいろな特典や特徴がみられます。
そのため、パナソニックのETCは価格だけでなく、特典重視で選んだほうがお得な場合もありますので、その点についても検討をお勧めします。

     

dsrcとETCの価格表示に関して

高速道路の料金所をノンストップで通過できる「etcシステム」が普及していますが、その便利なシステムが進化した「DSRC」が注目されています。
「DSRC車載器」は、道路上の渋滞や事故などの情報をリアルタイムで案内してくれる、発話型の車載器で、ETC機能も使える便利さでも人気になっています。

たとえば、「DSRC/ETC車載器」などを紹介する「パナソニック」のサイトでは、それぞれに備わる機能について、わかりやすい説明があります。
それによると、「DSRC」に備わった機能では、ダイナミック・ルート・ガイダンス、広域道路情報、SA/PA・道の駅での情報接続が可能です。

ただし、「DSRC」の機能を使うためには、カーナビとの連動が必要ですが、その点に関しては「トヨタ」のサイトでも明記されています。
ちなみに、「dsrcとETCの価格表示」が気になるところですが、パナソニックのサイトに掲載されている多くの機種は「オープン価格<取付費別>」になっています。

一方、「トヨタ」のサイトでは、dsrcとETCの価格について、具体的に表示されているところに大きな特徴がみられます。
それによると、やはり、最先端技術を駆使したdsrcはETCの価格よりも割高に設定されています。

なお、「DSRC」のイメージを知りたい人は、「動画で見る!トヨタのITSスポット対応 DSRCユニット」などの視聴をお勧めします。

ETCの価格「ジェームス情報」について


高速道路などを利用して長距離移動をするときは、SAやPAなどで適度な休憩を挟みながら、余裕をもって行動することが大切です。
と同時に、車内で快適に過ごすためのグッズが注目されています。

たとえば、除菌・消臭グッズは、車内をクリアに保つためにも必要ですので、特に、小さい子ども連れでの移動をする前には、いつも清潔な状態にしておきたいですね。
また、収納グッズがあるとスッキリと片付くため、車内に無造作に放置しているものがブレーキの下に転がるなど、事故につながるリスクを抑えることにもつながります。

ほかにも、スマートフォングッズや、ドライブレコーダー、カーオーディオ、カーナビなど、最新技術を駆使したIT機器を導入することで、より便利なドライブが楽しめます。

これらの充実したグッズは、株式会社タクティーが運営する「ジェームス」が取扱っている商品のほんの一部です。
ジェームスでは車検も行っており、「カー用品とカーメンテンナンスの新しいお店」としても注目されています。

これだけ豊富な商品があると、当然、ETCも扱っているのでは……と思いますが、いろいろ調べたところ、ETCの価格(ジェームス情報)は見当たりませんでした。
そのため、ETCの価格(ジェームス情報)については、今後の動きについても期待したいところです。