« 2011年10月 | メイン

2014年08月 アーカイブ

2014年08月14日

【ETCの価格「トヨタ・アクア」の場合】


「etcシステム」に欠かせない車載器ですが、選ぶときは、使い勝手のよさはもちろん、車内のトータルバランスを考えることも大切です。
また、車載器には「セットアップ料金」も掛かりますので、「etcシステム」の導入費用を抑えるためにも、少しでもいい条件で車載器を購入することをお勧めします。

ただし、「安かろう、悪かろう」では本末転倒になるほか、自分で取り付けようとして車を傷つけたり壊したりすると、修理代のほうが高くつくかもしれません。
「etcシステム」を導入するための初期費用は掛かりますが、後はメリットのほうが大きくなりますので、そのための「投資」だと割り切って車載器を選ぶことも大切です。

ETCの価格(トヨタ・アクア)の場合、高い順にみると、「ブラックボイスタイプ(ナビ連動タイプ)」・「シルバーボイスタイプ(同)」、「シルバーボイスタイプ」があります。
また、シンプルな「ベーシックタイプ」は、ETCの価格(トヨタ・アクア)のなかでもお手頃に設定されています。

その一方で、「ITSスポットサービス対応(DSRC)」車載器は、価格が高めという特徴がみられます。

なお、トヨタの純正用品は「3年間6万km保証」が付いていますので、そちらも参考にお勧めします。(期間内に6万kmに達した場合はその時点まで)

パナソニックのETCと価格

車載器には「純正品」のほかにも「社外品」があり、取り付ける車に合ったものを探すための選択肢も増えます。

車載器を選ぶときは、まず、アンテナとの「一体型」と「分離型」のどちらかを決めることをお勧めします。
やはり、どちらを選ぶかによって、車内での取り付け位置も関係しますので、車載器のタイプは早い段階で決めることが大切だと思われます。

また、車載器の価格も気になるところですが、メーカーによって異なるほか、同じ製品でも取扱店によっても開きがあります。
そのため、お気に入りの車載器がある場合はもちろん、これから車載器を決めたい場合は価格で比較できるサイトなどを参考にするといいですね。

パナソニックは家電やオーディオで人気のメーカーですが、あるサイトでは4種類の車載器が紹介されており、そのうち、3種類までが「アンテナ分離型」です。
そのひとつ「CY-ET909KDZ」は、料金案内・料金履歴・音声案内・カード抜き忘れ警告付で、価格は5,000円台から8,000円台までの設定があります。

パナソニックのETCと価格に関して、送料無料、ETCセットアップとの同時購入割引、延長保証対応など、いろいろな特典や特徴がみられます。
そのため、パナソニックのETCは価格だけでなく、特典重視で選んだほうがお得な場合もありますので、その点についても検討をお勧めします。

     

dsrcとETCの価格表示に関して

高速道路の料金所をノンストップで通過できる「etcシステム」が普及していますが、その便利なシステムが進化した「DSRC」が注目されています。
「DSRC車載器」は、道路上の渋滞や事故などの情報をリアルタイムで案内してくれる、発話型の車載器で、ETC機能も使える便利さでも人気になっています。

たとえば、「DSRC/ETC車載器」などを紹介する「パナソニック」のサイトでは、それぞれに備わる機能について、わかりやすい説明があります。
それによると、「DSRC」に備わった機能では、ダイナミック・ルート・ガイダンス、広域道路情報、SA/PA・道の駅での情報接続が可能です。

ただし、「DSRC」の機能を使うためには、カーナビとの連動が必要ですが、その点に関しては「トヨタ」のサイトでも明記されています。
ちなみに、「dsrcとETCの価格表示」が気になるところですが、パナソニックのサイトに掲載されている多くの機種は「オープン価格<取付費別>」になっています。

一方、「トヨタ」のサイトでは、dsrcとETCの価格について、具体的に表示されているところに大きな特徴がみられます。
それによると、やはり、最先端技術を駆使したdsrcはETCの価格よりも割高に設定されています。

なお、「DSRC」のイメージを知りたい人は、「動画で見る!トヨタのITSスポット対応 DSRCユニット」などの視聴をお勧めします。

ETCの価格「ジェームス情報」について


高速道路などを利用して長距離移動をするときは、SAやPAなどで適度な休憩を挟みながら、余裕をもって行動することが大切です。
と同時に、車内で快適に過ごすためのグッズが注目されています。

たとえば、除菌・消臭グッズは、車内をクリアに保つためにも必要ですので、特に、小さい子ども連れでの移動をする前には、いつも清潔な状態にしておきたいですね。
また、収納グッズがあるとスッキリと片付くため、車内に無造作に放置しているものがブレーキの下に転がるなど、事故につながるリスクを抑えることにもつながります。

ほかにも、スマートフォングッズや、ドライブレコーダー、カーオーディオ、カーナビなど、最新技術を駆使したIT機器を導入することで、より便利なドライブが楽しめます。

これらの充実したグッズは、株式会社タクティーが運営する「ジェームス」が取扱っている商品のほんの一部です。
ジェームスでは車検も行っており、「カー用品とカーメンテンナンスの新しいお店」としても注目されています。

これだけ豊富な商品があると、当然、ETCも扱っているのでは……と思いますが、いろいろ調べたところ、ETCの価格(ジェームス情報)は見当たりませんでした。
そのため、ETCの価格(ジェームス情報)については、今後の動きについても期待したいところです。

About 2014年08月

2014年08月にブログ「etcカード選ぶならこれでしょnet必須」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37